« 超美味なノア・ラ・ミソ&普通のゴマおさつパン | トップページ | 白あんマーブルのかぼちゃパン »

2013-11-02

志賀シェフの講習会(2013)



P1060032_620x349

ペイザン、おいしかった~~~~(涙)






去年に引き続き、今年も志賀シェフの講習会に参加することができました。

伊藤真由美先生の主催の講習です。




去年の様子はこちら→☆1
             →☆2



今年もたくさんの刺激を受けることができました!
こんなすばらしい講習会に参加することができ
主宰してくださった伊藤先生や、関係者の方々には本当に感謝、感謝です!
ありがとうございました。


P1060082_620x349



去年はプロの講習会に出るのが初めてでした。
あまりの盛りだくさんの内容に、頭が飽和状態になり
消化不良のところがありました。


でも、今年は二回目でしたので去年の経験を踏まえて
ポイントを絞って受講しようと決めていました。

結果、去年より講習会の内容を理解できたと思います!!!!




きっとあちこちのブロガーさんが次々とUPされると思うので
私は今回強く心に残ったことだけ書いておこうかな。




P1060053_620x423


志賀シェフのパンが独創的。
作り方も考え方も。

そして食べても分かる、その素晴らしいオリジナリティー。
”おいしい”という言葉では表現できません。
感動的なパンですね。



あのパン・あの味を出そうとしたら
あんな生地を作らないといけない、ということが今回よくわかりました。
あの生地があっての、あのパンなのですね。

仮にあの生地が作れたとしても、成形して焼き上げないといけません。
一般的なパン職人さんでは(製法を知ったとしても)
同じパンは絶対に焼けないでしょうね。


でもシェフの手にかかれば、液状に近い生地が
形ある普通のパン生地に変身。本当に魔法のようでした。


P1060085_349x620



↑シェフは仕上げの塗り玉はしないそうです。


『僕は見栄えをよくする、ということにはまったく興味が無いんです。
(→味に影響しないことは一切しない。)』
潔いほどの信念が感じられました。

P1060049_620x349



よく「特定原材料は小麦だけ」という発言をされます。

それにこだわってくださるところにも
シェフのお人柄が出てるな~って思いました(*^-^)



==================
特定原材料とは・・・

卵や牛乳、小麦などアレルゲンになりやすい7品目のことです。
これらが含まれている食べ物には必ず表示しなくてはいけない、
と法律で義務付けされています。

りんごやサバなど、それに準ずるアレルゲン(18品目)は
義務ではないのですが、なるべく記載するように、
と奨励されています。

食アレっ子にとっては重要な情報なのです!
====================

P1060074_620x349






去年も感じたのですが、神と呼ばれているその偉大さからは
想像ができないくらい低姿勢。

雑巾で床をふくお姿は感動すら覚えました。

アシスタントの方が、それを変わろうとしても
「いいよ~、いつもやってるから!」って。。。。

いつもやってるんですね。。。
感動ーーー。







P1060083_620x349



2日間にわたる講習会では、仕込み→焼き上げとなるため
試食は自宅に帰ってからとなります。

レシピを見ながら、じっくり大事に味わいます。






『なぜレモンピールがこの量なのか。
なぜ砂糖が○○%なのか。

それはご自宅でパンを食べながら、
”志賀(シェフ)はこういうパンを作りたかったからこの配合になったんだ!”
と思いながら食べてください。』



とおっしゃっていました。

そのコメントがとてもよく理解できました。

こういうパンが作りたいと思われたのですね。
シェフの方向性ってとても明確ですね。

どれも感動的においしかったです。



P1060065_620x349
パンドブランをつくろうと思ったきっかけなどを
料理通信の記事で読んでいて、かなり興味がありました。

これもおいしくて感動しましたよ。

こういう味・食感のパンだったのですねー。
翌日に食べて、またまた納得。


すべてが計算されています。
いったいシェフの脳みそはどんな風になっているのか?
コンピューターが組み込まれているとしか思えない!
PH測定器も入ってそうだ!(笑)



P1060071_620x349


同じものと作ることなんて到底できないし、
マネすることすら無理。

でも、やっぱりこうやって高度な技術を見るのは勉強になります。
いろんなパンを見て、感じて、学んで、食べて、勉強する。


一番勉強になったのはシェフのお人柄かも。
まさに神でした!




もう一人・・・この講習会で大活躍だったガクちゃん。
ガクちゃんのおかげで、パンが無事に焼きあがったと言っても
過言でないのでは?!
あれだけシェフに信頼されているってすごいですね。
本当に素晴らしいと思いました!




P1060035_620x349


日常に戻り、自分のパンを食べると
あまりのギャップに現実に引き戻されます。(汗)


・・・・が、この現実世界でがんばろう!









パン教室のHPはこちらです→☆




ランキングに参加しています。
お帰りの際に、下のリンクをクリックしていただけると
とっても嬉しいです。

にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村


いつもありがとうございます。

« 超美味なノア・ラ・ミソ&普通のゴマおさつパン | トップページ | 白あんマーブルのかぼちゃパン »

パンのお勉強」カテゴリの記事

フォト

レッスンについて

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ