« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月の9件の投稿

2008-07-22

こども料理教室

夏休みのこども料理教室に参加してきました。

Dsc03988・冷んやり手打ちうどん
・めんつゆ (醤油・ごまみそ)
・夏野菜の天ぷら
・ぷるるんみかんゼリー

前回参加した時は、ムスコ以外全員女の子だったので、
「また、男ひとりだったら嫌だな~down
と言ってましたが、今回は女子5名・男子が3名でムスコは喜んでましたhappy01
(そういうことを気にするお年頃なんですね~)

 。    。    。    。    。    。    。    。    。    。 

Photo まずはうどんをこねます。
手にベタベタついて、苦戦してます。




Photo_3 ある程度、生地がまとまったら
ビニール袋に入れて、足で踏み踏みfoot

この作業が一番楽しそうでした!
でも子どもは体重が軽いので、なかなか伸びないんですよね。
でも私は手伝わず、ムスコはひとりでがんばりました~。

この作業の後は、冷蔵庫で1時間くらい生地を寝かせます。
その間に他の料理の準備をします。

Photo_4 天ぷら用の野菜を切ります。
野菜は家でよく切ってるのでお手のもの。
なすの短冊きりもスイスイ~sign01
先生に褒められましたscissors

お料理教室に来るだけあって、他の子もとっても上手でしたよ。
おうちでちゃんとお手伝いしてるんですね~。
ムスコも料理が好きで、my包丁も持ってますよnote

Photo_5 今度はゼリー作り。
先生のデモをみんな真剣に見ています。




Photo_6 うどん作り再開です。
一時間寝かせた生地はさっきよりもやわらかくなっていました。
それを麺棒でうすく伸ばしていきます。

伸びた生地は”屏風折り”に折りたたんで切ります。


Photo_7 切った生地はすぐに打ち粉をまぶしてほぐします。
早くしないとドンドンくっついていくので、
ほぐすのはお母さんたちの仕事です。
(これが結構めんどうなんですよぉ~sweat01

初めてうどんを切りましたが、なかなか細く上手に切れてましたよ。

まだまだ薬味を準備したり、めんつゆを作ったり・・・と作業はたくさんありました。

 restaurant      restaurant      restaurant      restaurant      restaurant      restaurant      restaurant  


   Photo_12Photo_11
さて、予定よりも一時間遅れてのお待ちかね”試食タイム”
今日の主役は子供たち。
大人も子どもも、みんな同じ量ですよ~。


食べきれない子は、タッパーに詰めて自宅に持ち帰ってました。
しかし、myムスコはおかわりしてました・・・・sweat02

うどんは手作りならではのおいしさheart04
めんつゆは切干大根の出汁やみりんを使って甘くしてました。
ごまみそは、ごまの風味が濃厚で、さすが手作り!の味でした。

ぷるるんみかんゼリーも、濃厚でとってもおいしかったです。
パパにもうどんを少しおみやげに持って帰りました。
パパも「おいしい!」って喜んでいましたnote

ごちそうさまでしたheart>ムスコ!

2008-07-20

バナナパウンドケーキ

一学期のラストの給食に”ワッフル”が出ました。
だいたい最終日ってちょっと豪華なデザートcakeがつきます。

今回作った代替品はバナナパウンドケーキbanana

バナナが入ると翌日でもしっとりして、とってもおいしいのです。
だから、給食の代替品にするにはもってこい!

Photo_3甘味はバナナとメイプルとリンゴジュース。
焼いていると、オーブンからなんともいえない甘い香りがして
シアワセな気分になりますよnote

自分で言うのもなんですが、本当においしかったんですlovely

新しいオーブンで火力が強くなったので、しっかり焼けるようになり、味が以前よりもワンランクUPしましたscissors

マクロビケーキは泡立てたりしないので、1時間もかからないうちに焼きあがります。
忙しい主婦にはホントに助かります。

最近は、私も普通のケーキよりもマクロビケーキの方が好きになってきましたsign03

さて、今回参考にした本はこちら

Photo_2 藤井恵さんちの卵なし、牛乳なし、砂糖なしのおやつ


保育園時代は、お誕生日会の日には必ずケーキが出ていたので
毎月私が焼いたcake持たせていました。
その頃から愛用している本です。
すごく簡単なので、初心者の方でも安心ですよ~sign03
とってもおすすめです!






2008-07-17

とうもろこし収穫体験ー2

Photo_14その次は、子どものお楽しみスイカ割り~!
ムスコは初めてのスイカ割りでしたが、
大きなヒビを入れられて大満足!

もちろんこの後はみんなでスイカを食べますsign03

Photo_16Photo_15
赤や黄色の他にオレンジっぽいのもありました。
もちろんこのスイカも無農薬ですscissors

アトムはさんざんとうもろこしやあさり汁、おにぎりを食べたのに、またまたスイカをたくさん食べました。10切れくらい食べたかな?さすがのアトムも「苦しぃ~~~」とダウンしてました(笑)

そして、この後は大人も全員参加の「ジャンケン大会」がありました。
優勝者には大きなスイカ1玉がプレゼントされます。

実はママはジャンケンが強いのです。(ちなみにクジ運も良いですsign01
なんとなく勝ちそうな予感がしてたんですが、みごとに優勝しましたshine
わぁ~い!!!大玉スイカをゲットですscissors

この後、全員で集合写真を撮ったのですが、スイカを抱っこしたアトム&パパ&ママを中心に撮影されました。

とにかくおいしいものをいっぱい食べられてアトムは大満足note
朝は二時間半の道のりが遠くて、うんざりしちゃったけど、やっぱり来て良かった!

Photo_17 帰り道に少しだけ海を見よう!と言って、車をとめました。
アトムは海を見るのが大好き。
座ってしばらく海をながめていました。
(今日は家族3人でペアルックです)


 ・      ・      ・      ・      ・      ・      ・      ・

Photo_18
お土産のとうもろこしです。
茹でていると、甘い香りがしてきます。
昼間あんなに食べたのに、また食べたくなってきちゃいました。

いつもは1本を三等分して食べるのですが、今日からしばらくはひとり一本食べられます。今晩は、アトムのリクエストで焼きとうもろこしをする予定です。

Photo_2 ←ママがジャンケン大会でゲットしたスイカ。
中身は黄色でした~!
おいしかったわhappy01

生産者の方が言ってましたが、

「暑い日も寒い日も、こうやって畑で作業してます。
おいしい野菜を作る為に日々がんばっています。
私達が作業することによって農産物ができる事を
ぜひ覚えておいて下さい。
消費者の方と直接お話する機会があって
いろいろ伝えられて良かったです。
有機栽培の野菜をたくさん消費してくださることが、
何よりもありがたいです!」

とおっしゃっていました。
若い生産者の方もいらっしゃったのですが、これからの後継者の方は、
子供たちのためにも、がんばってより安全な野菜をたくさん作ってほしいと思います。
そのためには、生産者の方たちが「安全な野菜を作ろう!」というモチベーションがUPするように、消費者側が安全なものを選ぶようにしていかないといけませんよね!
利益につながらないと、生産者の方もやってられないですもんね!

このイベント、また来年もぜひ参加したいですsign03

2008-07-16

とうもろこし収穫体験-1

Photo_3初めてとうもろこしの収穫体験に参加しました。
自宅から車rvcarで二時間半もかかって、かなり遠かったけれど、
ものすご~~く楽しかったので、大満足ですsign03
(とうもろこしは無農薬・有機栽培ですheart04

 ・      ・      ・      ・      ・      ・

まずは、畑でとうもろこしの取り方を教えてもらいます。
もう明日にはこの畑は無くなる(=すべて刈り取る)ので、
「すべて残らず収穫してください~!」と言われました。

Photo_2一本に一個だけとうもろこしがなっています。
(間引きして、栄養が一個に集中するようにしてあるそうです)

この日初めて”生のとうもろこし”を食べました!
収穫した瞬間から糖度が落ちていくらしいので、
採りたてが一番甘くておいしいそうです。

生のとうもろこしを食べた感想は・・・・
ジューシーで甘~~~いlovely
みんな「甘い!甘い!」と感動して食べてました。

Photo_5 参加したのは20組以上の家族がいたと思います。
全員で収穫したら、この山盛りのカゴが5~6個にもなりました!

それからみんなで公園のようなところへ移動しました。
収穫したとうもろこしをみんなで食べるのです!

  bud        bud        bud        bud        bud    

    
Photo_6 まずはみんなで協力して皮をむきます。
大量に収穫したので、皮をむくだけでも一仕事です。
ムスコも一生懸命皮むき作業をしていました。
Photo_7
←この大きな釜で、とうもろこしをゆでるのです。




Photo_9とうもろこしを茹でながら、農家の方が無農薬・有機栽培の面白さ&大変さや、とうもろこしの栽培方法や品種について・・・・・などなど、いろんな話をしてくれました。


Photo_10 黄色くておいしそうに茹で上がったとうもろこしを早速いただきます。
ガブリッ!happy02
ゆでるとますます甘くて、とっても感動してしまいました。


Photo_11次は”焼きとうもろこし!”です。
最初はおじさんたちが焼いてくれていたのですが、
アトムは「焼きが足りない!自分でやる!」と言って、
自ら焼き係りに・・・・。

首のタオルといい、なんだか屋台のとうもろこし屋さんみたいでしょ(笑)
おじさんやおばさんに「上手だねぇ~~sign03」と褒められながら、
がんばって焼いていました。やはり自分で焼いたものは特別らしく、
大満足の様子で「おいしい!おいしい!noteと食べていました。


Photo_13Photo_12
その次は、あさり汁が出てきました。
この日の最高気温は35度。
照りつける太陽でこげそうに暑かったのですが、
そんな中で飲む熱々のあさり汁がとてもおいしかったんですheart04
適度な塩分があるからか、いくらでも食べられそうでした!

お楽しみはまだまだ続きます~happy01

(つづく)

2008-07-09

フラワー(7月)

Photo 今月は、ボールブーケでした。
まん丸のオアシスに、放射線状に花をさしていきます。
胡蝶蘭が蝶が止まっているようなアレンジです。


最初は、丸いから簡単かな??と思ったのですが・・・
ムムム~~難しいcoldsweats02

最後までなかなか納得が行く作品ができませんでした。
他の人を見ると、みんな上手・・・・・sign03
どんどん自分のが下手に見えてきて・・・・down

花材はめっちゃいいのに、どうしてこうもセンスが無いのか?
と、落ち込んじゃいましたsweat02

まぁ~~~この30数年間、花というものに全く親しんでこなかったので、仕方ないですね。気長にがんばりますcoldsweats01

そんな私ですが、フラワー教室が本当に楽しくて仕方ないのです。
下手でも、楽しめたらそれでいいですよね~~~note

  ・     ・     ・     ・     ・     ・     ・     ・

Photo そして、こちらは今回のマクロビスィーツ。
まるで花束のようになっています。
あじさいのお花がとってもキレイ!

いつもスィーツを作ってくれるMさんは、本当にセンスがあって毎回感心します。
こういうおしゃれな感覚は持って生まれたものなんでしょうね。

Photo_2Photo_3包み紙の中はスノーボールでした。ほろほろ感が最高においしかったですheart04
6個入ってたんですが、2個食べて、残り4個はお土産presentにしました。


3時のティータイムにムスコと「おいしいね!おいしいね!」と言いながら2個ずつ食べました。

え?パパの分???それは・・・・考えてませんでした(笑)

来月は夏休み中なので、なんとムスコも一緒にフラワーをやります。
プリザーブドフラワーのアレンジだそうですが、どんな作品なんだろう~?
楽しみですsign03

2008-07-07

パパの手打ち蕎麦

今月から、パパが蕎麦打ちを習っています。市民講座で、隔週日曜日の6回コース。

広報で見つけて、私がパパに強く勧めました。

前日の夜、パパはエプロンやタオルを自分で準備して、ウキウキわくわくnote
遠足の前の日の子どもみたいsign01

 ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・

当日、約4人分の手打ち蕎麦をお土産に持って帰ってきてくれましたhappy01
向こうでは、先生が打った蕎麦を試食したそうです。
「お店で食べるのと同じ味だった~heart04
と、パパは当たり前のことで感動してました(笑)

そして、夕飯はもちろんざる蕎麦
茹で方も習ってきたので、パパが「自分で茹でる!」と言って、
台所に立ってくれました。

ざる蕎麦といえば、サイドメニューは天ぷらですよね~~shine
ママは天ぷら担当。

Photo さてさて、初めてのパパの手打ち蕎麦のお味は・・・・・・
おいしいんだけど・・・・・何かが違うsweat01



コシが無い?
麺が太いから??
茹で時間???

本当においしかったんだけど、やっぱりお店で食べる蕎麦とは違っていました。
でも、生まれて初めて蕎麦を打ったのですから、そんなの当然ですよね。
いきなりプロみたいに上手だったら、誰もお蕎麦屋さんへ行きませんよねsweat02

それなのに、パパったらどんどん無口になって、表情も暗くなり・・・・
食後に一言

『もう少しおいしいと思ったのに・・・・ショックだ・・・・weep

と落ち込んでいますdown
ムスコは

「そんなこと無いよ~!おいしかったよ!!」

と励ましています。
私も「おいしい、おいしい!」って食べてたんですが、パパ的には昼に食べた
プロの味との落差が大きかったようですsweat01

まだあと5回もあるんだもの!
ぜひぜひ、腕を上げておいしい蕎麦を食べさせてネ!


2008-07-05

ひよこ豆カレー・かぼちゃプリン

Dsc03833_3・雑穀入り分づき米
・ひよこ豆のカレー
・大根サラダ
・かぼちゃココナツプリン

今回ももちろんおいしくて、大満足でしたhappy01


Dsc03829 ・大根サラダ

塩もみした大根の水気を絞って、アップルビネガーで味付け。
大葉も入って、さっぱりおいしかったです。
トッピングは、アーモンドスライスです。


Dsc03828 ・ひよこ豆のカレー
・雑穀入り分づき米


いつも家で作っているカレーよりも、かなりスパイシーでした。
とても暑い日だったので、陰性のカレーがおいしかったです。
麦味噌や切干大根を使っているのが、マクロビっぽかったです。

今回は三分づき米ともちあわのご飯でした。
分づき米の洗い方をおしえてもらったけれど、指一本でクルクル回すだけ・・・。
いつもは洗いすぎていたな~~と反省。


Dsc03830・かぼちゃのココナッツプリン

ココナッツとピーナッツペーストが入っているので、かなりコクがあっておいしかったです。メイプルの甘味もあります
豆腐クリームのトッピングもおいしかったです。
これは普通においしかったので、絶対家でリピートしますsign03


Dsc03831アシスタントの方が作ってくださったチャイ
豆乳で作ってあるのですが、すごくコクがあって、おいしいheart04
牛乳のチャイは大嫌いなんですが、このチャイならおいしく飲めました。


Dsc03832 本日のおまけ。
再利用素材で作ったクッキー(?)です。
かぼちゃの皮と(分づき米で出た)ぬかが入っています。
味は・・・・・downノーコメントです(笑)


 bell      bell      bell      bell      bell      bell      bell

これでワンクール(4月~7月)の料理教室が終わりました。
毎月一回、とっても楽しかった~~~heart04

次回の9月~は料理教室はちょっとお休みをして、
パン教室に通ってみようかな~?と悩んでいます。
ホシノ天然酵母を使う教室デスsign03

2008-07-03

サン・ダルフォー

砂糖不使用のジャムといえば・・・・・

Photo_5 サン・ダルフォー




砂糖が入ってないとは思えないほど、甘くておいしいですよね~。
普通のスーパーで売ってるし、手に入りやすいのも◎
いつも大瓶で買ってますhappy01

はじめてこのジャムを買った時、ムスコは

「おいしいlovelyすごくおいしい!このジャム大好きheart04

と大感激でした。

そんなに・・・・おいしい?
やはり、違いの分かる男なのねhappy02

2008-07-01

ゆずの粋

私が大好きな調味料のひとつ。

Photo_6 ゆずの粋

私はすっぱい味が昔っから大好物。
だからポン酢やお酢も大~~好き。

・ゆずの粋
・赤梅酢
・しょう油

この3つを1:1:1で混ぜたものを、ドレッシングにして
茹で野菜サラダにかけて食べてます。

特に今の季節は、さっぱりしておいしいですよ~。
市販のポン酢は化学調味料が気になりますが、これなら安心!
ムスコも、このドレッシングが大好きです。


« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

フォト

レッスンについて

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ